KKK
プロフィール

Author:鬼哭
普段遊んでいるゲームについて何か適当に書きます。

カウンター
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1 :焼き鳥名無しさん:2007/02/20(火) 00:37:33 ID:wMtyJgp4
”天和”じゃねーか・・・   !?


2 :焼き鳥名無しさん:2007/02/20(火) 00:41:38 ID:cFixfmrA
食いタンのみ!?
ふざけろよ?


6 :焼き鳥名無しさん:2007/02/20(火) 17:07:33 ID:???

     __,,,,.. --_─_一_-_-、-、、,,,,__
    ,r'´-_-_‐_‐_‐_‐_-_-、`-、ミ`ヽ ヾ`ヽ、 
   /,r',.-_‐_‐_‐_‐_-_-、ヾ ヽ ヽ丶、`ヾ 、ヽ
  /(.'´_-_‐_‐_‐_-_-、ヾヽヾ ))) ), )) ) )),)))ヘ \_人人/
 l(i,i'´⌒ヾトヽ、ヾ ヾ ヾ ))_,ィ,'イ」〃川 jノjノjノ}  )ピキッ(     !?
 !iゝ⌒))}!ヾヘヽ ),ィ_'イ」〃'″  フ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l  /^Y^Y^\
 ヾ、ニ,,.ノノ〃ィ"::::::::::::::     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
    ̄`i7 ´   :::;:::、:::.    〈;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
     〈‐─一''''バ `'''ー─‐ ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l    「“頭ハネ”だとぅ・・・!?」
      }、_,.--、 :::: ,.-‐-、_,   ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!    
      !` ̄ ̄´ノ  ` ̄ ̄´   丁j`l;;;;;;;;;;l    
      l    (",、         ''´,/;;;;;;;;;;l
      .l    _...___       `<;;;;;;;;;;;;;ノ
      l   'r二ニヽ      八;;;;;;;;;;;;;〈
       '、   ー- ‐′    / ゙!゙!゙!゙!゙!゙!゙!     \_人人/
       ヽ         /    ゙!゙!゙!゙!゙!゙!      )ピキッ(
        ヽ、     ∠____゙!゙!゙!゙!゙!゙!     /^Y^Y^\
          「` ーi '''´ 「:::::::::::::::::::::::::::::::: ̄l





スポンサーサイト

2007.06.26_21:15
小手返しの練習してます。

もちろんNしんさんのブログで鮮やかな小手返しのgifアニメに
影響されてのことですw

なんという速さ…!
これはもう練習するっきゃないです( ^ω^)

麻雀の成績と違って日に日に上達していく様子が見て取れました。
後はあまり音を立てずに速度を上げる練習を続けてみます。

牌さばきの練習ってテレビ見ながらでも出来るのがいいですよね。




omoteuraさんのブログ、オモウラ日記が突然の閉鎖…!。・゚・(ノ∀`)・゚・。

omoteuraさんの書く文章って面白いから更新楽しみにしてたのにな~。
安易に下ネタや2chネタでお茶を濁す僕とは大違いですよ、ホント。
またいつか気が向いたら更新再開してくださいませ。

2007.06.20_20:15
オンライン対戦麻雀 天鳳に新たな動きが!
以下引用。



数日前から「特上」という上位約1%にのみ入場が許される聖域の準備を開始しました。
特上開始日は未定ですが、開始にあたって少々不安に思うことがあったりします。
特上によって現在上級でプレーしているユーザが2分され、上級/特上の両方とも思うように
回転しない,その結果C-EGGへの問い合わせが増えるという展開はちょっとがっかりかなぁと。

そこで同時接続人数が1500人になったら解禁!というチャレンジを、やってみようかと思います。

1.ブログに牌譜などを使って天鳳を紹介してあげる
2.天鳳を知人に紹介してあげる
3.大会を開催してあげる
4.1日3回「天鳳」と叫んであげる

などなど歓迎です。大会の場合は同期を期待して週末の土曜に企画をどうぞ~。


ようするに東風荘でいうところの超ラン卓ができるみたいですね。
天鳳には今までにも初段以上のプレイヤーが参加できる「上級卓」がありましたが
今回の「特上卓」は4段以上のプレイヤーのみ参加できるようです。
東風荘の息抜きにコツコツ打っていたら今月4段になれましたので
僕も特上卓にギリギリ参加できそうです。

天鳳で打ってみた感想。
東風荘とは比べ物にならない程キレイなグラフィックですね~。
まあ東風荘と比べるのが間違いかもしれませんがw
それと、様々なルールの卓で打つ事ができるのも魅力です。
(東風戦、東南戦、3人打ち、クイタン有or無、赤牌有or無)
人気があるのはクイタン、赤有りの東風戦ですかね。
最近お気に入りのネット麻雀サイトです。

で、肝心の特上卓ですが、同時接続人数が1500人になったら解禁だそうです。
現状はピークの23時台で1000人強ってとこですか。

特上解禁にはもうしばらくかかりそうですね(・∀・;





1 :焼き鳥名無しさん:2007/02/01(木) 07:43:48 ID:iI3Nmw3J
「それチョンボだって!」


3 :焼き鳥名無しさん:2007/02/01(木) 08:40:42 ID:???
この過疎板に越中スレをたてる>>1のセンスに脱帽


5 :焼き鳥名無しさん:2007/02/01(木) 17:11:12 ID:???
100越えたら良スレになるって!
やってやるって!





僕は東風荘を始める前はほとんど東風戦で遊んだ事が無かったんですよ。
今までに語ってきた4つの理由もあって敬遠してたんです。
そんなわけで、最初は東南戦ルールの第二東風荘で遊んでいました。

が、しかし・・・

最初の壁にブチ当たりました・・・プレイ時間の長さです。
東南戦の局数の多さのせいだけではありません。対戦相手の打牌速度が原因です。
東風荘で遊ぶプレイヤーは、最初は皆ランキング卓からスタートします。
ラン卓は誰でも参加できる卓なので、実力が選抜される要素が無く
中にはルールも曖昧にしか覚えていない初心者さんまで居ます。

彼らの打牌速度はお世辞にも速いとは言えず・・・ていうか遅い。異常に遅い。
サクサク進むのが売りのはずのネット麻雀で
1ゲームに1時間近くかかってしまう事も・・・(;´Д`)

「どうしよう・・・こんな状態では超ランなんて夢のまた夢だ・・・」
そんな時、もう一つの選択肢が脳裏をよぎりました。

       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
    /  `´  \      東風戦・・・!
     ('A`)
     ノヽノヽ
       くく

「東風戦なら局数が少ないから早く終わるんじゃないだろうか。
あの有名なとつげき東北氏も第一東風荘で活躍してるんだったな・・・」

そんなわけで、第一東風荘へと舞台を変更することにしました。
あまり乗り気ではなかったんですけどね。クイタン無しのルールだし。

結果から言ってしまうと、この判断は大成功でした。
対戦相手の打牌速度は大差無いものの、やはり局数の少なさの影響で
サクサク進みます。もう第二には戻れないヽ(゚∀゚*)ノ

「東風戦は、『東南戦で原点のまま南場に突入した』と思えば打ち方に
大差は無い。だから東風戦というよりは南風戦って感じだな」
という記述をどこかの戦術系ブログで拝見したのも苦手意識解消の
一役を担っていると思います。

順調に勝ちを重ね、超ラン卓に参加できるようになった頃には
苦手意識なんて無くなってましたね。むしろ大好きに。
東風戦のスピードに対抗するために鳴きの技術も向上しました。
シビアな局面の多い東風戦のおかげで状況判断技術も向上したと思います。
東風戦のおかげで包茎も治りました。ありがとう東風戦!

というわけで「東風戦への苦手意識解消」は今回でおしまいです。
こんな駄文で苦手意識を解消できる人いるんかいな、とも思いますが。
読んでくれた人が少しでも東風戦を好きになってくれたら嬉しいですね。

次からは何を語ってみようかな~。





では最後の理由。

「局数が多ければ多いほど上級者に有利だから東南戦の方がいい」

これはあるかもしれませんね。
麻雀は短期間では実力通りの結果は出にくいんです。
東風戦よりは東南戦の方が実力がはっきり出やすいと言えるかもしれません。

じゃあ東風戦は運だけで勝敗が決まるのかというと、そうではありません。
東風戦でも長期的に見れば上級者は好成績を残しています。
逆に言えば東南戦でも短期間では実力通りの結果は出にくいのです。

そして何より1ゲームあたりのプレイ時間の違いがポイントです。
東風戦なら東南戦の半分以下の時間で1ゲームが終了できます。
東南戦で1ゲーム遊ぶ時間で、東風戦なら2~3回遊べる。これは大きい。
時給換算すると東風戦の方が収支が増えると言えるのではないでしょうか。

僕が東風戦の苦手意識を解消できたのは、このプレイ時間の違いを
意識した事が大きいかも。



よく聞く理由その3。

「東場しか無い麻雀なんて邪道だ」

これにはハッキリとNOと言いたい。言わせてください。
麻雀に邪道も王道も無いんす。
東風戦が邪道というなら東南戦だって邪道になってしまいますよ。
もともと北場まであった一荘戦を南場までにしたものが半荘戦ですから。

そう、麻雀には王道のルール、つまり基準となる基本ルールが無い。
世の中には東風戦、東南戦、3人打ち・・・色々あります。
さらにその中で、クイタンの有無、赤牌の有無など・・・
挙げればキリが無いほど多様なルールがあります。
ネット麻雀でもサイトごとにルールは異なります。
フリー雀荘でも雀荘ごとにルールは異なります。
そして競技麻雀でも団体ごとにルールは異なるのです。

「ルールが違うから」とか言い訳はやめましょう。
どんなルールにも対応できてこその強者です。



では、よく聞く理由その2。

「鳴き麻雀の打ち手が多いから嫌」

これは理由その1と似たようなものですね。自分が思い通りに打てないから嫌、と。
「さんざん鳴き散らかしといて1000点かよ」って僕も言われたことあります。
んじゃ2000点ならいいんですか?(;´Д`)スイマセン

鳴かれるのが嫌っていうのはどうなんでしょうね。麻雀できませんよw
仲間内で面前限定、満貫縛りでセット組むしか対処法は無いかなw

これも前回と同じく、勝敗にこだわらずに楽しむ人にとやかく言う気は無いです。
面前、満貫縛り・・・それはそれで楽しそうですね。

僕が言いたいのは雀力の向上を目標としながら上記のような考えを持つ人たちへ。





まずは苦手な理由をひとつずつ解消していく事から
始めましょうかね。

よく聞く理由その1。

「みんなスピード重視のため、ゆっくり手役作りを楽しめない」

勝利にこだわってガツガツしてる麻雀を嫌う人は少なくないようです。
勝敗にこだわらず、対局中の会話(チャット)や手役作りに楽しみを見出す人なのかな。

全然良いと思いますよ。手役作りは麻雀の醍醐味と言って良いとも思いますし。
勝利を追及する人。手役を追及する人。何に楽しさを感じるかは人それぞれだしね。

そういう人は無理に苦手なルールでプレイする必要は無いですね。

・・・苦手意識を解消とか言いつつ、いきなりサジ投げちゃったよ(^ω^;

娯楽なんですから自分の好きなルールでやるのが一番ですよ・・・

しかし。

もし麻雀が強くなりたいと考えている人が上記の理由で東風戦を避けているなら
ちょっと問題かもしれません。

つづく




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。