KKK
プロフィール

鬼哭

Author:鬼哭
普段遊んでいるゲームについて何か適当に書きます。

カウンター
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


では、よく聞く理由その2。

「鳴き麻雀の打ち手が多いから嫌」

これは理由その1と似たようなものですね。自分が思い通りに打てないから嫌、と。
「さんざん鳴き散らかしといて1000点かよ」って僕も言われたことあります。
んじゃ2000点ならいいんですか?(;´Д`)スイマセン

鳴かれるのが嫌っていうのはどうなんでしょうね。麻雀できませんよw
仲間内で面前限定、満貫縛りでセット組むしか対処法は無いかなw

これも前回と同じく、勝敗にこだわらずに楽しむ人にとやかく言う気は無いです。
面前、満貫縛り・・・それはそれで楽しそうですね。

僕が言いたいのは雀力の向上を目標としながら上記のような考えを持つ人たちへ。



「鳴き」に悪いイメージ持ってる人けっこういますね。
似非プロの妄言、もしくは麻雀漫画の影響で。

「面前で和了するのが男らしい、鳴くのは女々しい」
「俺は自分のツモを信じてる」
「お前、自分に自信が無いから鳴いちまうんだろ?」

こんな噴飯もののセリフを吐いていいのは漫画の中だけですw

そもそも彼らは鳴かれる事が嫌なのか、鳴き麻雀タイプの打ち手に
勝てないから嫌なのか。ぶっちゃけ後者でしょ。僕もそうでした。
よく鳴く人を弱いと判断するなら、積極的に戦いたくなるはずですし。
「違う、俺の方が強い。ヘボ鳴きする奴に勝っても楽しくないだけだ」
と苦しい言い訳する人もいるかもしれませんけど。

鳴きのメリットを軽視してはいけませんよ。
確かに鳴けば打点は下がるかもしれませんが、その分シャンテン数も
確実に下がるわけで。しかも打点はドラや赤牌で補える事も多い。
たとえ結果1000点に終わろうとも他家のチャンス手を潰せるわけですし。
鳴きのスピードを侮るべからず。

よく鳴く人も、本当は鳴きたくないと思ってる人多いですよ。
本当は面前で進めてリーチして一発や裏ドラ欲しいんです。
でも毎回面前でいけるほど甘くないっていうか・・・
「面前だと間に合いそうもないので仕方なく鳴く」って感じですかね。

別に「面前はダメ」って言いたいわけじゃないんですよ。
たとえ東風戦だとしても面前で進めて先制リーチは超有効ですし。
僕が言いたいのは
「強くなりたいなら変な先入観は捨てて、鳴きについても勉強しようぜ!」
って事です。

最後に僕の好きなプロ、鈴木たろうさんの言葉
「面前にこだわらない、かといって鳴きにもこだわりすぎない。
面前も鳴きも自分が有利に打ち進めていくための手段にすぎない。」

ステキ!抱いて!
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://yosutebitok.blog104.fc2.com/tb.php/11-5a64783e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL
SUBJECT

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。