KKK
プロフィール

鬼哭

Author:鬼哭
普段遊んでいるゲームについて何か適当に書きます。

カウンター
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.04.05_19:58
2002年 9月

マジックバースト実装



FF11の戦闘では連携と呼ばれる戦術が多用されている。

前衛ジョブはWS(ウェポンスキル)という武器固有の技を駆使して戦闘するわけだが、特定のWSをタイミング良く順番に発動すると、連携と呼ばれる追加ダメージが発生するのだ。



戦士は、レッドロータスの構え。
戦士は、レッドロータスを実行。
→モンスターに、○○ダメージ。
モンクは、コンボの構え。
モンクは、コンボを実行。
→モンスターに、△△ダメージ。
技連携・核熱→モンスターに□□ダメージ。



こんな感じで。


連携の追加ダメージは非常に強力でエフェクトも派手。まさにFF11の戦闘の醍醐味といえる。

我々後衛は前衛が楽しそうに連携を決めていく様子を指をくわえて見ているだけだった。



いや、もちろん後衛のサポートあっての前衛ということはわかるが、やることがケアルだけでは当然飽きるわけで。


そのような後衛の不満を察知したのか、2002年9月12日のバージョンアップでMB(マジックバースト)という要素が実装された。


連携の属性に合わせた魔法(核熱連携であれば火属性か光属性)を、連携成立時から一定時間内に撃ち込むことで魔法のレジスト率低下やダメージの増加(約3割り増し)の効果が得られるようになった。


戦士は、レッドロータスの構え。
戦士は、レッドロータスを実行。
→モンスターに、○○ダメージ。
モンクは、コンボの構え。
モンクは、コンボを実行。
→モンスターに、△△ダメージ。
技連携・核熱→モンスターに□□ダメージ。
黒魔道士は、モンスターにファイアを唱えた。
黒魔道士のファイアが発動。
マジックバースト! モンスターに☆☆ダメージ。


こんな感じで。



つまり後衛も連携に参加できるようになったのだ!(・∀・)


さて、このマジックバーストの恩恵にあやかれる後衛ジョブといえば。

そう、魔法アタッカー、黒魔道士!黒魔再開しようではないか!(・∀・)


さっそく黒魔でレベル上げパーティに参加することに。




(A) 連携決めましょう

(B) ファスト→レタス→コンボですかね

(C) レッドロータス撃ちます

(B) コンボで〆ますー

(A) じゃ私はファストブレードで

(Kei) あの、マジックバーストってやつを試してみていいでしょうか

(A) あ~、そういえば何か追加されたみたいですね

(D) 魔法のダメージが上がるってやつ?

(E) MBってどうやるんですか?

(Kei) 連携のエフェクトが終わった瞬間に魔法が着弾するように、タイミング良く詠唱するみたいです

(A) それじゃ、さっそく試してみましょうか







※動画の連携はシールドブレイク→バーニングブレード+MBファイアの溶解連携





(E) おお?

(D) 成功?

(Kei) ダメージ増えた…かな?

(Kei) 普段ケアルばっかりだから、本来のファイアのダメージ忘れちゃった…

(C) うはw

(D) (;∀;)

(E) ><

(A) ^^;

(B) ww


※MB実装直後はログにMB成功かどうか表示されず、ダメージ量で判断するしかなかった。



ま、まあとりあえずレジストはされにくくなってるから良しとしよう。元通りとはいかないまでも少しは魔法アタッカーとして働けるようになったし。


レベル上げ終了後、N君にtellしてみた。



>>Nomura マジックバースト、結構楽しい(*´ω`)

Nomura>> チッ

>>Nomura 何で舌打ちだよコラ

Nomura>> 黒魔がアタッカーになると困るんだよ

Nomura>> ケアルタンクのままでいてくれないと(´ー`)

>>Nomura ( ゚Д゚)



なんてこと言いやがる。( ゚Д゚)


N君はダメだ。所詮は前衛だ。黒魔のことは黒魔。Lindaさんと喜びを分かち合おう。


そういえば今回のバージョンアップでレベルの上限が50から55にまで開放されたんだった。

黒魔レベル50だったLindaさんもさっそくレベル上げをしている様子。



<Kei> Lindaさん、高レベル帯のMBはどんな感じですか

<Linda> そーですねー

<Linda> まあ確かにダメージは増えてますねー…

<Kei> あれ、何かテンション低くないですか( ゚Д゚)

<Linda> 核熱連携って火属性か光属性の魔法でMBできるじゃないですか

<Kei> はい

<Linda> 黒魔や赤魔のファイアだけじゃなく、白魔道士さんも光属性のホーリーでMBをするんです

<Kei> はあ

<Linda> 私のファイアIIのダメージがMBして170くらいなんですね

<Kei> 強いっすね

<Linda> ………

<Kei> (;゚Д゚)?

<Linda> 白さんのホーリーはMB時で200くらいいきますよ…(´・ω・`)

<Kei> ( ゚Д゚)

<Linda> しかもホーリーってMBに頼らなくてもレジストされないんです

<Linda> 射程距離も長いし、詠唱時間も1秒もかからないし、まさに神魔法ですね…

<Kei> マジっすか…( ゚Д゚)

<Linda> 回復能力はもちろん、瞬間ダメージ量でも白魔に勝てないなんて…

<Linda> 黒魔の存在意義って何なんですかね…

<Linda> フフ、フフフフフフ

<Kei> お気を確かに((((;゚Д゚)))

<Ginji> ((((;゚Д゚)))

<Mary> ゴ、ゴメンナサイ((((;゚Д゚))) ←白魔道士



黒魔の漂白時代はまだまだ続く。(;´ω`)


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://yosutebitok.blog104.fc2.com/tb.php/168-bae10ebd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL
SUBJECT

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。